ワインチェック質問集


Q.301
ワインで、「ものすごい滑らかな鉄のようなミネラル」のような白ワインでオススメは...

ワインで、「ものすごい滑らかな鉄のようなミネラル」のような白ワインでオススメはありますか?・・・曖昧な記憶ですが、ルイジャド製造のシャブリのセリエ・ド・ラ・サブリエールが上記のような味で美味しかったと思うのですが、これに似たような味のものは他にあるでしょうか?・・・値段は4000円以下で購入できるものを希望です。・・・また、ワイン初心者が感動できるような入門ワイン(4000円以下)にはどんなものがあるでしょうか?ご教授下さい。上記白ワインや、赤ワインでは渋みも好きです。素人でも価値がわかりやすい商品があればいいなと思います。


A.301
ワインで、「ものすごい滑らかな鉄のようなミネラル」のような白ワインでオススメは のベストアンサー

ワインって同じ銘柄の同じ年の物を飲んでも味が異なるんですよー困っちゃいますよ。はじめは自分が味音痴かと思っていました。わたしはこんなにワインが好きなのに、なんで神様は私を味音痴にしたのかと、神様のばかーなんて思ったものです。(体調によっても味覚は変わります。)安いワインでも、そこそこ値の張るワインでも同じことが言えます。先の人が仰るように、保存状況とかが関係してるのだと思います。このことが分ってから、私はワインとはそういうものだと考えをあらためました。おいしいワインに出会えたら私は運がいいのだと思うようになりました。でも、冷静に考えると、保存状態にこだわりを持ったワインショップなら、安定した味が提供できるのかも知れませんね。セリエ・ド・ラ・サブリエールは私も大好きですよ。当りの時は私にはカリウム系の硬い味に感じます。水で言ったら硬度の高い水かな?こういう感覚の時、私はミネラルを感じます。人によって感覚は異なると思いますが、「ものすごい滑らかな鉄のようなミネラル」こう感じた時はアタリだと思います。また、アタリが出るといいですね!私もあなたにアタリが出ることを祈ってます。



   

Q.302
ワインで、シャブリのセリエ・ド・ラ・サブリエール(ルイジャド製造)の製造年の違...

ワインで、シャブリのセリエ・ド・ラ・サブリエール(ルイジャド製造)の製造年の違い以外で、同社からランク違いのシャブリ商品は発売していますか?・・・2009年の2月か3月に飲んだのですが、何年製造のものか忘れました。漫画やドラマの「神の雫」にも登場したということで父が買ってきたのですが、非常に気に入りました。ワイン素人ではありますが鼻に上がる香り、いつまでも舌で転がしたいようなものすごいミネラルのような(滑らかな鉄のような)舌に絡みつく肌触りなどが印象的でした。・・・また、シャブリなら同じであろうと浅はかな考えで飲んだウィリアムフェーブルのシャブリの2008?とかは思っていた味とは違いました。・・・記憶が曖昧なのですが、ラベルなどからルイ・ジャド製造のシャブリではあると思うのですが、製造年、ランク違いなどがないか情報を得たいと思っています!・・・また、2009年に飲んだものは製造年は2007とか2008とかどれだと思われますか?


A.302
ワインで、シャブリのセリエ・ド・ラ・サブリエール(ルイジャド製造)の製造年の違 のベストアンサー

ルイ・ジャド社のシャブリではプルミエ・クリュ(一級畑)のフルショーム(畑の名前)が購入できると思います。格的にはただのシャブリのセリエ・ド・ラ・サブリエールより上です。(値段も上です。4200円くらい?)両方ともネゴシアン物(自分の畑で収穫したブドウではなくブドウ農家から買ったブドウからワインを作っている)ですので単純に考えるとフルショームのほうが旨い気がするのですが...私は両方とも飲んだことが無いので判断につきかねます。どうぞ、ご自分の舌でお試しください。2009年の2月か3月の時期に、2008年はまだ販売されていないと思われますので飲まれたワインは2007年ではないでしょうか?



   

Q.303
オスモカラーのウッドワックスとワンコートオンリーを使い分けている方居ますか?ダ...

オスモカラーのウッドワックスとワンコートオンリーを使い分けている方居ますか?ダイニングテーブルの天板を塗りたいのですが、オスモ社のHPに載っていた施工例を見るとワンコートオンリーを使っていました。確かにワンコートオンリーの説明文を読む限り、良いのだろうと思いますがただ、艶のあるように仕上げたいというのと、撥水性があるということからウッドワックスでも良いのではという気がしてきました。そこで、両者を使い分けている方がいらっしゃればお聞きしたいのですがウッドワックスは、やっぱり一度塗りでは物足りませんか?ワンコートオンリーとウッドワックスでは艶はどんな感じに違いますか?そのほか、片方でもよいので使ったことがある方は情報をお待ちしてます。HPの説明だと、よくまとまりすぎていてよくわからないのでぜひ使ってみた方の感想をお聞きしたいです。↓一応、オスモ社HPから説明文を引用しておきます。【オスモカラーワンコートオンリーの説明】半透明仕上げです。1回塗るだけで木の持つ自然の美しさが引き立ちます。また、同種類の塗料に比べ樹脂分の占める割合が 70%と高いため、耐候性にも優れ、広い塗装面積が可能になります。あらゆる木部の塗装に使用され、その性能の良さと美しい仕上がり感は実証済みです。植物油が木に深く浸透し塗装のメクレ、膨れ、割れやハガレが起こりません。【オスモカラーウッドワックスの説明】内装用、半透明仕上げです。植物ワックスが多く配合されているため、美しいサテン仕上げができます。抜群の撥水効果により家庭で使用する液体(水、ワインなど)をこぼしても、玉のようにはじきシミになりませんので、湿気の多い浴室の壁、天井キッチンの塗装に最適です。耐摩耗性に優れ、特に家具塗装に向いています。旧塗装を剥離せずに同色を上塗りするだけで、簡単にメンテナンスできます。


A.303
オスモカラーのウッドワックスとワンコートオンリーを使い分けている方居ますか?ダ のベストアンサー

ウッドワックスの使用をお勧めします。どちらでも良いのですが、家具に適しているのはウッドワックスです。なぜならば耐摩耗性がワンコートオンリーより上なので、日常の使用にはウッドワックスが向いているのです。また、撥水性もウッドワックスがよいと感じられます。蛇足かもしれませんが、オスモカラーほど施工方法を誤って使われている物もないです。本当の施工方法は、拭き取りもしません。擦り塗るのです。適しているのはホームセンターで売っているコテバケ。オスモカラーを付けて徹底的に擦り塗ります。もっと簡単な方法がありますが、これは企業秘密と言う事で・・・すみません。オスモカラーが入り始めたころ某有名建築家の物件でメーカーと施工方法を検討しながら仕上げた経験があります。実際の施工要領書も擦り塗るように書いてありますが、拭き取りをしてもらった方が塗料を大量に使うのでメーカーとしては“おいしい”らしく、あえて止めていないようです。当社では、拭き取りのような無駄はしません。材料代が全然違いますし、施工スピードもはるかに速いので・・・・。また、オスモカラーは天然と言っても期待するほどの安全性はありませんが、PRが上手いので日本では自然塗料の代名詞のようになっていますが、よく舐めても大丈夫としている塗料はこれではありませんのでお間違いなく。



 
 

Q.304
オーストラリアからワインをお土産に買って帰るには?初海外で、オーストラリアに行...

オーストラリアからワインをお土産に買って帰るには?初海外で、オーストラリアに行きます。免税店ではなく、現地のお土産屋さんでワインを買った場合どうしたらいいですか?プチプチや服でくるみ、スーツケースに入れて日本に持って帰ろうと思っています。その場合、スーツケースの中にワインが入っていますって事を申告する方がいいのですか?そうするとお手柔らかに扱って頂けたりするのでしょうか?スーツケースを投げられると聞いたもので、割れないかと心配です。というより、申告しなくちゃ違反になるのでしょうか?また3本以内なら、税がかからないのですか?よろしくお願いします。


A.304
オーストラリアからワインをお土産に買って帰るには?初海外で、オーストラリアに行 のベストアンサー

私は現地から送ってもらいました。ワイナリーで試飲したのが、あまりにおいしかったので・・。ワインを買ったのが旅行の前半で、その後エアーズロックとか色々行くのに、ワインを持ち歩きたくなかったです。グループで1ダース半送りました。確か1週間ちょっと位で届きましたよ。人間が帰国するより早く(笑)。日本では手に入らない、ちょっと特殊なワイン(スパークリング)でした。でも、日本で飲むより、現地のワイナリーで飲んだほうがずっとおいしかったです。きっと、その場所の雰囲気や、空気感の中で飲むから、おいしく感じるんでしょうね。よっぽどレアなワインならともかく、お土産さんで手に入るくらいのワインだったら、苦労して持ち帰る必要はないと思います。日本にもオーストラリアワインはたくさん売ってますので。スーツケースは止めたほうがいいです。友人が、誰かの荷物に入っていたワインが割れて、荷物が被害に合い、台無しになってガックリしてましたので・・・。他人の迷惑になりますよ。



   wine-tsuhan-hikakuquestions.jpg


Q.305
英作文を添削してほしいです。疑問点がいくつかあるのでわかるやつだけでいいので添...

英作文を添削してほしいです。疑問点がいくつかあるのでわかるやつだけでいいので添削をお願いしたいです。@すばらしいドラムというのを nice, wonderfulどちらを使ってもいいでしょうか?解答例は前者でしたが・・・Aイタリア料理に挑戦したI tried cooking Italian foodと書いたのですが、これで大丈夫でしょうか?Bクローンでの「複製」duplication以外にも、repuroduction でいけますか?Cもうこれ以上この部屋に家具を置くのは無理だよIt can not put more furniture in this roomD肉には白ワインよりも赤ワインのほうが合うMeat suit read wine better than whiteEこのノートいつまで貸してもらえる?How long can you lend me this notebook?Fあんな素敵な女の子とどうして知り合いになったんだい?How can you come to know such a wonderful girl?たくさん聞いてすみません。ここまで見ていただきありがとうございます。


A.305
英作文を添削してほしいです。疑問点がいくつかあるのでわかるやつだけでいいので添 のベストアンサー

個人的な意見として読んで頂ければ幸いです。@どちらでもOKだと思います。Aその文章でOKだと思います。Breproductionは生物学の「生殖」と言う意味があるので、個人的にはreproductionだと違和感を感じます。CI can't set any more furnitures in this room.主語がItならIt is impossible to set any more furnitures in this room.DThe red wine suits better with meat than the white wine.文章の主役がワインなので、(The) red wine が主語の方がしっくり来ます。EHow long can I borrow this notebook?アメリカ人は「あなた」より「自分」のほうが重要なので、I が主語の方が自然かも。FHow could you come to know 〜.知り合ったのは過去なので過去形の方がいい、かなぁ



   


トップページ




Copyright(C)ワインチェック質問集